宿泊ホテルを決定

 7月18日、次回旅行のバンコク1泊目の滞在ホテルをどこにするか検討。ネットでいろいろ検索していたら、MRTのシリキット・コンベンションセンター駅近くに、「モデナ・バイ・フレイザー・バンコク」というホテルがあることを発見。

 駅から徒歩250mぐらい?現状は良く分かりませんが、駅と地下道でつながっているようなことも書かれています。つまり雨でも濡れずに移動できる。

 1泊が8000円ぐらいになるようで、安い部屋はちょっと狭く(24m2と書かれています)シャワーしかないようですが、1泊だけなので問題ないかなと思っています。

 この場所が良いなと思える理由は、バンコクに到着してARLでマッカサン駅まで移動し、そこからMRTを利用すると簡単に移動できるということです。

 加えて、夜間にパッポン方面へ行くのも便利そう。アソーク方面への移動も便利。ただ場所的に中途半端ということはあるかもしれません。

 またルンピニまで足を伸ばせば、「バーンKレジデンス」という選択肢もありそう。1泊が7000円ぐらいで、ルンピニ駅から300mぐらい?。大きな交差点を横断しなければならないというのが欠点ですが、レビュー評価は高いので気になっています。

 さらに足を伸ばしてサムヤーン駅まで行けば「マンダリンホテル」があります。駅からは200mぐらい?スタッフの対応が良いし、ホテルそのものも大型で、ちょっとリゾート気分に浸れます。

 宿泊価格を見たら1泊が8000円前後。ここからサムヤーン駅前を通ってお寺のわき道を右折するとパッポンまで400mぐらい。かなり近いのですが、夜遅くなるとちょっと怖い道に変貌しそうな雰囲気を感じます。

 ちなみにチェンマイから戻ってきての後半3泊はいつものエータスルンピニの予定ですが、今ちょっとトリップアドバイザーで調べたら、1泊が1万円ちょっと。

 これに諸費用が加算されることになるので、ずいぶん値上がりしたなと感じます。もう少し安ければ、最初の1泊もここがいいなと思っているのですが、なかなか厳しいです。
 
 というわけで、7月24日に再度agodaで1日目のホテルを探索。翌日にはチェンマイに移動となりますので、ともかくマッカサン駅でMRTに乗り換えて、駅から徒歩で気軽に行ける中級ホテルを調べました。


 結果はフラマアソークが5690円、シティポイントが4887円、フレイザーが5293円、お決まりのエータスルンピニは8309円、マンダリンが6103円という結果でした。

 agodaの料金は、実際に予約画面に進むと、税金やサービス料金が加算されるので、18%ほどこの価格がアップする感じです。というわけで、今のところ注目しているのはフレイザー。

 MRTのシリキット・コンベンションセンター駅から200mぐらい?ただ部屋は24m2ぐらいでちょっと狭い。と言っても日本のシティホテルのツインルームぐらいの広さですから、料金を考えると妥当かなという印象です。
 
 というわけで悩みに悩んで7/26に予定通り「モデナ・フレイザー」というホテルをagodaで予約。1泊が税サービス料金を含めて6400円ぐらい。部屋はバスタブなしの24m2でちょっと狭い。

とはいえ一人で1泊だけなら問題ないだろうと判断。
翌日はMRTでマッカサン駅まで移動し、ARLを使ってスワンナプームに移動の予定。


 一方チェンマイの宿泊ホテル候補ですが、ネットで「チェンマイ一人旅」という語句を使って旅行記を検索。いろいろな方の旅行記を参考にしています。

 昨晩は「ラミンロッジ」というホテルに宿泊した方の旅行記を発見。ここはターペー門の南東200mぐらいのところにあって場所は良さそう。

 宿泊料金も5400円ぐらいと書かれていましたので、第一候補のドゥナーガチェンマイ(8500円ぐらい?)より安い。

 しかし詳しく調べていくと、ともかく想像以上にホテルが多い印象。しかも1泊1000円ぐらいから数万円まで様々。

 今回は旧市街の中、若しくは城壁周辺にある寺院見学を目的としているので、動きやすい場所としてターペー門近辺で候補となるホテルを探しています。


 最初の頃はターペー門の南南西200mぐらいのところにある「DeNaga」というホテルが第一候補だったのですが、詳しく宿泊料金を調べていくとバスタブがないのに、1泊が1万円を越すことが分かってきて再考。

 というわけで、城壁内のホテルをグーグルマップで見ているのですが、詳しく見ていくと、ホテル同様に大小の寺院が多数あることも分かってきました。

 そういった寺院の場所を巡ることを考えて、1泊が最高8000円前後になるようなホテルを探しています。今月中には決めようと思っていますが、新たに候補に上がってきたのがターペー門近くでは「ターペーゲートヴィラ」「ターペーロフト」「デチャイコロニアル「「ラチャイザコロニアル」といったホテル。

 また城壁内南東部にある「ウェルスブティック」「「ヴィラ・ランタラ・チェンマイ」あたりも良さそう。旧市街の中央付近なら「アットチェンマイ」「ゴードヌアブティックハウス」「コージテル」といったホテルも発見。

 そして7月28日、ついにチェンマイのホテルを決定agodaで予約しました。ウェルスブティックという旧市街南東側にあるホテルです。1泊が税金等を入れて8000円ぐらい。

 バスタブもついていて、ほぼ希望通り。ただターペー門からは600mぐらい離れることになってしまったのが唯一の欠点?これで、残っているのは後半3泊のバンコクのホテルだけ。

 希望はエータスルンピニですが、1泊が1万を越すので、もう少し安いホテルでもいいかなと探索中。ただエータスルンピニはこれまで10数回宿泊経験があり、ともかく居心地が良いので、それを外すとしたらそれ相応の居心地の良さを求めなくてはならず、そうなるとやはり1泊が1万円を越してしまうホテルが多いようです。

 ちなみに今回は地元の旅行代理店ではなくagodaを活用しています。理由は、地元の代理店だと問い合わせをして、返事をもらって、宿泊料を払って、最後にバウチャーを受け取るという過程があり、それが面倒になったからです。

 agodaは空いている部屋があったら、そこからすぐに予約手続きが始まり、数分で完了。あとはバウチャーが送られてくるのを待つだけということで、面倒が少ない感じ。

 加えて、ホテル設備等の説明も詳しくあり、レビューも読めるので、助かります。料金的にも安い価格を提示している場合が多いので、今後も活用頻度が上がりそうです。

 てなわけで、その後最後の3泊のホテルをいろいろ調べ、結局予定通りエータスルンピニにしました。これは、いつも国内旅行で使っている楽天トラベルで予約。

5%引きキャンペーンなるものをやっていました。しかし結果的に税金やサービス料を含めると、結構な値段になってしまいがっくり。


 まそれでも、どのサイトでも似たような数値になることが分かっていたので予約完了。税等込みで合計金額が3泊朝食付きで9830Bぐらい。為替レートを3.5円とすると34400円。1泊が11500円ぐらいで、結局agodaあたりの価格と変わらない結果です。

 ちなみにちょっと不愉快だったのは、予約確認メールには代金詳細として1泊ごとの価格が示されていて、合計が8330Bぐらいになっていましたが、そこにさりげなくサービス料やVAT7%は含まれないと小さく書いてあります。

 ということは実際に支払う額は、上記8330Bより17%アップするわけで、この辺はちょっと不親切だなと感じました。というわけで8330×1.17を計算して9830Bぐらいだなと判断しました。



次のページへ


2019年8月の旅行


トップページヘ