モデナ・フレイザーの場所

 MRTのシリキットコンベンションセンター駅で下車。一番出口を出ます。地上に出たところで左手を見ると、ちょっとした広場(公園?)越しにホテルが見えます。



 しかしその広場とホテルの敷地はフェンスで隔てられているので、直接ホテルに向かうわけにはいかず、いったん大通りの歩道を南に歩く必要があります。

 とはいえ50mも歩かずに、左手の建物「FYIセンター」が見えてきます。ホテルはこの建物とくっついた形になっているので、左手に回り込んでいくと入り口になります。

 ただ入り口は、「ホテルの入り口」という雰囲気ではなく、通常のオフイスビルの入り口みたいな感じです。入り口に歩いて近づいていくと、ドア係が飛び出してきてスーツケースを運んでくれました。

 この辺りの手際の良さは好感が持てました。入ると正面にフロントがあって手続き。お姉さんにバウチャーとパスポートを渡し、朝食会場やwifiのパスワードの説明を受けて手続き終了。

 デポジットとして現金1000Bを要求され、代わりに「失くさないように」と言いながら預かり証が渡されました。これがないとチェックアウト時に返金されないようです。

 スーツケースはベルボーイが持ってくれ、傍らのエレベーターに案内。エレベーターはカードキーをかざすタイプ。部屋の入り口も同じ。

 入った右側にキーを差し込むところがあり、そこにキーを入れると部屋の照明のスイッチがオンになります。ベルボーイは室内にスーツケースを運び入れるとあっという間に去って行きました。

 今回指定された部屋は1107号室だったと記憶しています。部屋の間取りは以下の通り。


 ドアを開けた瞬間の印象は、バンコクのホテルにしてはちょっと狭いかなという感じ。たぶん25m2前後?日本のシティホテルのツインぐらいでしょうか。

 とはいうものの私のような一人旅なら全く問題ない広さです。しかも建物そのものも出来たばかりの様ですから、部屋も真新しくて気持ちがいいです。





室内の様子


宿泊



トップページヘ