2018年11月バンコク旅行 チケット確保

 以下ブログに書いた内容を加筆修正しています。

 7月30日になって11月のバンコク旅行実現に向けてさらに調査。日程は11/21〜11/27の6泊7日。間に3連休を挟んでいます。

 通常ならこの日程で、飛行機はチャイナエアラインを選ぶことになるのですが、チャイナの場合台北で乗り次となるため、私の好きな午前便を選ぶと、出発日は早朝出発、夕方着、帰国日も早朝出発、夜に到着ということになり、留守を任せる息子への負担が大きくなるなと判断。

 そこでやはり午前中出発の直行便が良いだろうと考えて、JAL、ANA、タイ国際といった通常の航空会社の運行時間と料金を調べてyいました。

 当然ながらこういった会社でビジネスクラスということになると料金は20万前後に跳ね上がるようなので、今回はエコノミーですね。それでもLCCよりは良いのかなという判断です。

 というような前提条件で調べてみると、こりゃ結構安いなと思ったのがタイ国際航空。行きが成田11:45発でバンコク17:05着。価格が52000円。これならチャイナのエコノミーと変わりません。ただし帰りはスワンナプーム空港8時発で、朝が忙しそう。

 かつて何回か利用したことがありますが、2階建てのずんぐりした巨大な機体の1階部分がエコノミー。天井が低いのではという予想もしていましたが、それは感じませんでした。

 座席の広さもまあ普通。欠点と言えるかどうかは分かりませんが、機内では英語の案内が多くなり、お楽しみの映画も日本語字幕はあまりなかった記憶があります。
 
 やはりエコノミーなのに高いなと思ったのがANA。こちらは午前便を選択すると82000円位。最近ANAの評判は上昇していますが、それだけのサービスを提供するためにチケット代も高くなっているのかなという気がします。

 そしてJAL。こちらは8万前後。エコノミーとはいえ、若干座席が広くなったと盛んに宣伝していますので、どのくらい広くなったのか知りたいなという気持ちがあります。JALの場合も帰国便はスワンアプーム空港8:15発で結構早いですね。

 というわけで値段の点ではタイ国際、座席の広さやリラックスできそうな点ではJALかなと思っていますが、やはり安さ優先かなという気もします。3万円前後の差は大きいです。
 
 8月1日になって改めて各航空会社のエコノミー席のシートピッチを調べてみると、だいたい76〜86cmぐらいになるようです。

 ただし実際の座席の広さは、背もたれの構造や厚さによっても足元の広さは変わるはずで、さらにシートの座り心地等、いろいろな要素がありそうです。

 ちなみに改めて調べてみたら、JALのスカイワイダーというシートは、評判通り通常のエコノミー席よりも広くなっているようですね。ただし種類は2種類。

 スカイワイダーとスカイワイダーUだそうで、前者のシートピッチが86cm。さらに背もたれが3cmほど薄くなったようで、これにより合計10cm足元が広くなったと書かれています。

 またスカイワイダーUの方はシートピッチが84cmだそうですが、横幅も少し広くなっているようです。しかし現在は旧シートも含めてこういった機材が混在して存在しているように思えるので、個人手配の場合は予約段階でスケジュールだけでなく、使用機材にも注意しないといけないんだなと感じました。

 そして8月2日。ちょっとショックなことが起きました。それは「そろそろ11月のバンコク旅行のチケットを予約するか」と思って、タイ国際航空やJAL、ANAといった航空会社のチケット料金を見ていたのですが、以前調べた値段より一律に高くなっていてびっくり。

 原因を考えて気が付いたのがサーチェージ。8月1日から値上げされるということが分かっていたのに、決断を先延ばしにしていたら、いつの間にか値上げされる期日を忘れていて8月に突入。

 なんだか往復で5000円前後上昇したように感じられ、昨日は予約を断念。「今回はちょっと予約時期を逃したな」と思っていますが、最悪行かなければよい、という選択もありますから、少しのんびり構えることにしようと思っています。

 8月9日、当初の3連休前後の日程から1週間後にずらし、11/29(木)〜12/4(火)の日程でチケットを検索したところ、JALが7万円弱になることが分かりました。

 当初の三連休を挟む日程では8万円を越していましたので、ずいぶん安くなったように感じ、そのまま予約作業を開始。結局6.9万ぐらいでエコノミー席のチケットを確保

 広くなったと宣伝しているエコノミー席がどの程度広いのか確かめてみたいなと思っています。安いチケットを選んだ関係で、行きは成田発10:45でバンコク着が16:05。

 この時間だとちょっとイミグレも混むのかなと予想していますがまあしょうがないです。その分チャイナに比べて朝1時間ほど余裕を持って出かけられます。
 
 ホテル着が18時前後になると思われるので、今回は5泊を2泊3泊に分割して、前半はナナ近辺、後半はいつものエータスルンピニにしようかなと思って、昨晩からナナ駅近辺のホテルを改めて調べています。

 ナナ近辺を探す理由は、早い話がソイ4のナナプラザが目的なわけですが、それとともにスワンナプーム空港からARLでパヤタイ駅に行き、BTSに乗り換えると移動が楽という理由もあります。
 
 帰りはバンコク発が9:55ですから、場合によっては7時ごろホテルを出発しARLで空港に行けそう。ただし到着は成田ではなく羽田。ということは空港往復にマイカーは使えないということになります。
 



次のページへ


2018年11月の旅行


トップページヘ