Page10(ページ10) 409号室

 ページ10の場所ですが以下の通りです。セカンドロードからソイ10に入り30mほど歩いた右側です。ソイ10はセカンドロード側からの一方通行で、記憶よりも狭かったです。



 ソイの角ですが南側には大きなビアバーがあります。初日はここで演奏されるロック音楽に悩まされました。反対側の角にはタイ料理のレストランがあります。

 夜の騒音を除けば、立地は市街の中心部にあり、どこに行くのも便利な場所だと感じました。

 ソイ10を海側の方に歩くと、両側にあるのはマッサージのお店とホテルだけで、こちらの方が静かです。次回機会があったら、海により近い「シーミースプリングホテル」が良いかなと思っています。

 周辺の状況ですが、セントラルフェスティバルまで300mぐらい。ウォーキングストリートまでは1.2kmぐらい。暑くなければ十分歩ける距離です。

 入り口を入った右側に朝食会場。左側に階段。正面がこじんまりしたフロント。荷物を持って正面のこじんまりしたビジネスホテルのようなフロントに出向くと、お姉さんが二人いました。

 ところが「サワディーカー」という例の挨拶の声が異様に低くてびっくり。どうやら男性?美しいだけになんか迫力がありましたが、思いのほか親切でした。

 ただこういう方が普通に働いている環境というのも、不思議な気がします。ただし私の勘違いで本当に女性だったのかもしれません。

 いつものようにパスポートとバウチャーを渡し、さらにクレジットカードでデポジットを精算。と言っても何もなければ別段引き落としはありません。

 案内された部屋は409号室。低いなと思いましたが、もともとそれほど高い建物でもなく、禁煙フロアの配置の関係かもしれません。以下ちょっと変則的な間取りです。


トップページヘ 宿泊(2014〜) 部屋の内装